良質なドッグフードを選ぼう!
愛犬の体づくりに食事は大切です

良質なドッグフードは?

今やドッグフードといえば、たくさんありすぎてどのフードを選んだらいいかわからない!

そんなことはありませんか?

ドッグフードの選び方以外にも、「食べてくれない」などお悩みを抱えている飼い主様はたくさんいらっしゃいます。

 

“ドッグフードジプシー“

 

こんな言葉聞いたことはありませんか?

愛犬が食べない、何をあげたらいいかわからないなどと悩んだ飼い主様たちです。

 

本当によいドッグフードとはどんなものなのか・・・。

選び方の参考にしてください。

 

原材料をチェック!

私たちも健康のためには、食材の品質を考えますよね。

愛犬にも安全・安心で身体によい材料を使っているフードを選びましょう。

 

<原材料表示>

〇肉、△肉、□肉・・・

 

原材料表示は多いものから順番に記載されています。

犬の食事はたんぱく質なので、前半にたんぱく質である肉、魚が記載されているものを選びましょう。

最初に記載されているものが肉や魚であっても、2番目以降が穀類の場合は、割合として穀類が多くなっていることもあるので注意が必要です。

 

肉副産物に注意!

肉副産物とは、人間の食品に加工した際にでた余分なもののことです。

肝臓や心臓などの臓器が含まれているので、ビタミンやミネラルが豊富ではありますが、可愛い愛犬にあげる食事として考えた場合にはできれば避けたいものです。

ビタミン、ミネラルは他のものから摂ればいいのですから。

 

お肉の種類

ドッグフードに使われている肉の種類は、牛肉、鶏肉、ラム肉、鹿肉、馬肉などがあります。

愛犬に合ったものでよいのですが、ラム肉、鹿肉、馬肉は低カロリーで高たんぱくな食材として人気の食材です。

また、アレルギーが出にくい食材ということも人気のひとつです。

使われている原材料をチェックすることも、ドッグフードの選び方では大切です。

2828947_m

添加物に注意

ドッグフードの選び方でもうひとつ大切なのは、添加物の種類や量です。

ドッグフードは酸化しやすく、酸化防止剤が含まれているものが多いです。体によいとされてるハーブや植物由来の成分を添加しているものを選ぶようにしましょう。

 

添加物には合成のものも多くあります。

必ず、何が含まれているか、添加されているものが何なのかチェックするようにしましょう。

愛犬の健康維持のために・・・

愛犬にはいつまでも元気で過ごしてもらいたいですよね。

身体づくりに欠かせないドッグフードの選び方は、毎日の食事として骨格や筋肉をつくるベースになるので愛犬への影響はとても大きいです。

 

愛犬の食事と健康を管理しているのは飼い主様です。

ぜひ良質なドッグフードを選んであげましょう!

 

 

 

お気軽にお電話でご連絡ください
03-3896-0382 03-3896-0382
7:30~20:00
Access

初めてご来店いただく飼い主様とわんちゃんに負担がかからないように教室の住所等をご案内

概要

店舗名 わんこはうす ハーティス
住所 東京都足立区西新井7-7-5
電話番号 03-3896-0382
営業時間 7:30~20:00
定休日 火・水曜日
最寄り 西新井大師西駅
動物取扱業に関する表示 訓練:19東京都訓第006585号
保管:19東京都保第006585号
令和2年2月5日~令和7年2月4日
動物取扱責任者 中嶋千晶

アクセス

愛犬がいつまでもが健康で元気に暮らせるように飼い主様とわんちゃんのトータルサポートを行っています。ドッグフィットネス、ドッグマッサージの他、しつけ教室、ペットホテルなど幅広いサービスをご用意しています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事